メインイメージ

キャリアプランが大切

飲食業の転職で成功するにはキャリアプランが大切

飲食の転職で成功するためには、店舗の現場を知ることが大切です。
顧客のニーズがそのまま売上や利益に反映されますし、体力や活力が必要ですが、現場を学ぶことが転職やキャリアアップの基本となります。

キャリアやスキルを付けるには、接客やホールスタッフになり、直接顧客に接してサービスの基本を学びます。
また、顧客のニーズを知ることが経験となります。
調理スタッフや調理師は、料理の技術やオリジナルの料理や商品の開発が、調理理としてのキャリアアップになります。

現場スタッフや店長としてある程度のスキルやキャリアを付けたあとは、管理職となって部下や店舗の管理を学んでいきます。
飲食業界の知識以外にも、マーケティングや広報、店舗経営、会社経営も研究していきながら、次の大きな仕事に備えていきます。

料理長になったときには、顧客が希望する料理や商品を効率よく提供できるようにすることや、部下の管理、品質とコストなどを考慮した仕入の研究などを行います。
店長の場合は、一店舗を任されると立地や人事、客層などを考えながら、売り上げと利益を上げる方法を学びます。

更に、キャリアがあがるとSV・マネージャー となって、いくつもの店舗を管理することになります。
総合的な戦略や大規模な展開が出来る様に視野を広げていきます。
ここでは、本格的なマーケティングや広報などの知識も必要です。

最終的に独立して、自分の飲食店を持ちたい人は多くいます。
独立して成功するには、自分のスキルや志向を考えて、はっきりとどの方向に進むかを決定しなければなりません。
主に、高いスキルを持った料理人や高い品質のサービスを提供できる人材を集めて、安全で高品質な材料を仕入れていく本物志向店舗と、低価格で高品質で安全、国産やブランドなどの顧客が好みやすいチェーン店舗があります。

転職業界の中でも、飲食業界は競争率が激しいのが現状です。
誰でも利用する業界なので、成功すると更に大きな仕事が出来るようになれる業界でもあります。
チェーン店舗なら広告やマーケティング戦略が重要になりますし、本格志向店舗ならオンリーワンが大切になってきます。

大きな未来像と高い目標意識を持って仕事をしていくことが、成功のカギとなります。
また、その方がモチベーションも保っていけますし、自然と成功にも繋がっていきます。

飲食業界は、既に30兆円産業といわれている分野です。
ここで、生き残っていくには経験、スキル、そしてそれに合わせた志向が大切です。

Copyright© 2015 飲食転職に欠かせないサイト活用 All Rights Reserved.